GPSではフォロー出来ない範囲をビーコンでカバー!

ビーコンはGPSと異なり誰でも気軽に導入することが出来る装置です。内容はGPSに似ている所がありますが、GPSの場合には人工衛星の電波を使用しているため、一般の人が設置など出来るはずがないでしょう。そのため、一般の人が簡単に電波を発信する機器を取り付けるためには、ビーコンという選択肢しかないでしょう。しかし、現在の日本ではGPSの普及はあるもののビーコンの普及は、あまり進んでいません。

ビーコンを活用することでご自身の大切な荷物の位置をスマートフォンで確認することが出来るため、失くし物をすることがなくなります。海外では運送業者が導入をした事例も発生していることから、海外でのニーズはあります。そのため、日本よりも海外の方が遥かに技術が進んだ運送業者が成功しています。電波発信機を設置する数は各部屋の広さで異なり、天井の高さが3メートルの場合には、電波を発信出来る範囲は、3メートル以内となり、天井の高さが30メートルの場合には、電波を発信出来る範囲は、30メートル以内になります。

受信機の設置には専門的な知識は不要となっているために、誰でも簡単に受信機を設置することが可能です。しかし、多少の誤差がありますが、誤差はわずかの30センチ以内なので、作業に差し支える程の誤差ではないでしょう。GPSではこのような使い方が出来ないために、今後は、ビーコンの普及が期待できるでしょう。この技術を発明した国は日本人によって開発された技術です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です