GPSでは出来ないビーコンで防犯対策を!

現在の職場では仕事をしない従業員も多くいますが、そういった、従業員を管理するためにもビーコンは非常に力を発揮します。従業員全員の社員証にタグを取り付けることによって、従業員一人一人の行動を監視することが出来ます。しかし、行動を監視すると言っても常に目を配る必要もなく、一定期間が経過後に特定の従業員が通った場所を追跡することが出来ると言うメリットがあります。しかし、実際にはご自身の従業員を監視したくないと言う経営者の方もいますが、その場合でもビーコンは監視カメラと連動することが出来るため、外部が工場見学などの理由で訪問した場合にも効果を発揮できます。

その場合には訪問者にはタグを付けてもらって、工場内に入れるだけで完了です。これによって、防犯カメラと連動しているため、自動的にカメラが外部の訪問者に向けられます。GPSではこのようにカメラと連動させたりが出来ないために、GPSを防犯に役立てることは不可能です。GPSにはGPSの良さがありますが、防犯の面からはビーコンの方が上手でしょう。

もちろん、導入するためには多少の初期投資が必要ですが、一度、導入すると今後は費用がかからずに防犯対策を万全にとることが出来るために、デメリットよりもメリットの方が大きいと言えます。海外では既に導入しているため日本よりも海外の方が防犯に対する意識は非常に高い事が分かります。ビーコンは安全・安心の社会を作る手助けをしてくれます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です