GPSを使えば安心して子供を外出させられます

GPSとはアメリカが地球上にある対象物の位置を特定するために打ち上げた衛星のことですが、一般的には位置情報を確認する機能のことであると考えられています。正式名称はGlobalPositioningSystemで、日本語では全地球即位網と翻訳されます。20200kmの上空には予備機を含めて30機の衛星が周回しており、様々な場所で位置情報を特定する機能が使われています。スマートフォンには位置情報を取得するアプリがあり、インストールすれば簡単に使うことができます。

自動車のカーナビゲーションシステムを使う場合にも、この機能が欠かすことができません。子供が学校から帰宅して様々な目的のために外出する夕方以降の時間は、事件や事故に巻き込まれやすい傾向があります。特に子供が1人で外出した場合には、誘拐やわいせつ行為の他に暴行や恐喝などの標的になりやすいので注意しなければなりません。複数の友人などといるのであれば、トラブルに巻き込まれても大人に知らせて迅速に対応できます。

しかし1人でいるところを犯罪者に狙われると、大人に知らせることができないので対応が遅れてしまいます。子供が事件や事故に巻き込まれて被害に遭うのを防ぐためには、GPSを持たせていつでも位置情報を確認できるようにしておくことが大切です。GPS端末には様々なタイプがありますが、警備会社が提供しているものは位置情報を確認できるだけでなく通報機能も備えています。トラブルが発生した場合に、素早く警備会社に知らせて対応してもらえれば安心です。

通信キャリアの位置情報検索サービスや、スマートフォンのアプリなども積極的に活用するとよいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です