小学校に入るタイミングで子供用GPSを導入

幼稚園に通っている頃までは保護者がいつも一緒なので、危険な目にあうことはとても少ないのですが、小学校に上がると一人で行動することが増えますので、保護者は安全性に関する不安を持つことがあります。防犯対策を町ぐるみで行っていても全ての犯罪を防げるわけではありませんし、好奇心旺盛な子供は足を踏み入れてはいけないと言われる場所に行きたがる傾向があります。心配だと感じていてもずっと見張っているわけにはいかないため、保護者は何らかの方法で見守る必要があり、それに最適なのがGPSです。子供用と言われるGPSはお年寄りの見守りに利用されることもあります。

学校や塾への行き帰りと放課後に遊びに行く時のことを考えると、現在の子供の居場所をリアルタイムで検索できるものが良さそうです。リアルタイムに近いものは、情報の取得間隔が1分に設定できるものです。実は情報取得の間隔は一定の範囲でユーザーが設定できるようになっており、もっとも短いスパンで取得できるとされているのが1分間隔なので、タイムラグが発生しない方法を求めている場合にはこのような情報取得ができるものを探しましょう。学校にGPSを持ち込む場合、種類によっては先生からNGを出されることがあることも覚えておく必要があります。

機能的に充実していて音声のあるものは使用できないことが多いので、学校に持って行くことを想定している時にはできるだけシンプルな機種を選びます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です