事件や事故による被害を未然に防ぐ子供用のGPS

GPSとはGlobalPositioningSystemを省略したもので、日本語では全地球即位網と訳されています。アメリカが地球上にある対象物の位置を特定するために打ち上げた衛星のことで、上空20200kmの軌道上には予備を含めて30機が存在します。受信機は複数の衛星から、電波を受け取るまでにかかった時間から距離を計算しています。GPSとはアメリカが打ち上げた衛星のことですが、一般的には対象物の位置を確認する機能のことを指します。

自動車のカーナビゲーションシステムや、スマートフォンなどにこの機能が組み込まれています。子供が登下校中や帰宅後に外出した場合などに事件や事故に巻き込まれるのを防ぐためにも、GPSが効果を発揮します。毎日一緒に過ごしている家族でも子供の行動は予測が難しく、ショッピングモールなど広い施設でははぐれてしまうこともあります。子供に端末を持たせておけば、迷子になったとしてもすぐに居場所を確認できるので安心です。

広い施設内で子供を見失ったとしても位置情報を頼りに素早く見つけ出し、トラブルに巻き込まれるのを未然に回避できます。GPSの端末には様々なタイプがありますが、腕時計型のウェアラブルデバイスならば気軽に携帯できるのでおすすめです。このタイプの端末はスタンプを使ってコミュニケーションを取ったり、通話を行う機能も備えています。位置情報を確認するだけでなく、コミュニケーションツールとしても役立ちます。

位置情報取得アプリをインストールしたスマートフォンや、キーホルダー型の端末なども携帯性が優れているのでおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です