子供のGPSを行うことで出来ることは多数

目を離した隙に子供が居なくなった、いつもより帰りが遅い、危険な場所で遊んでいるのではないかと保護者の方の心配が尽きないのは事実です。特に保護者も仕事などをしている事情もあり、目を離すことも多く、子供の世話をする暇もないのが一般的であったりします。そこでGPS端末を持たせることで、どこにいるのかなどの情報を地図上で得ることができ、それにより正確な位置を把握でき安心することが可能です。なお大抵は昼間は学校に通っているのが一般的ですが、問題は学校の授業が終了し、家に帰宅する時となります。

今は保護者が付き添いで登下校を見守るシーンもありますが、帰宅後の遊びに出かけた場合までは見守ることができません。しかも放課後は部活や塾に通うこともあり、そういった場合にも一人で通うケースがあったりします。子供にGPSを持たせることで、遊んでいる場所や部活・塾などに通っているか解る他、そのルートはどこを通ったかまで把握することが可能です。なお通りによっては、事故が発生する場所、人通りも少なく死角がある場所など危険な箇所が街中にあります。

GPS端末によってあらかじめルートを把握することができれば、それを今度から回避するように言いつけておくことも可能です。また子供にGPS端末を持たせた場合、複数人で見守ることもできる機能があります。例えば父・母の他、祖父・祖母などの人がスマートフォンなどで把握することができたりします。他にもいつものルートを通って目印のある場所を設定しておけば、その付近を通るたびに自動的にプッシュ通知で知らせてくれる機能もあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です