子供用GPSにはどんな機能がある?

子供用GPSは子どもの位置情報取得を目的に開発された機器です。通話機能が必要でなければスマホを持たせる必要はありません。子供にスマホを持たせたくない方にぴったりの機器です。機能としては最もシンプルな単機能タイプがあります。

現在位置の情報と、そこに至るまでの経路をスマホアプリの地図上に示します。子供の位置を知りたい方のための最もシンプルな機器で、料金も安くバッテリーの持ちが良いのが特徴です。次に端末からスマホへ現在位置情報を送信できる一方向タイプがあります。迷子になった、怖い思いをしているなどのSOSをGPSを持つ子どもの方から発信できます。

現在位置の情報とそこに至るまでの経路をスマホアプリ上に示すのは同じです。さらに、端末とスマホ両方から発信できる双方向タイプの機器もあります。現在の位置情報と経路がスマホで見れるのは変わりませんが、お互いに音声メッセージを発信できる機能があります。お互いにメッセージのやり取りができるので親も子供も安心できるでしょう。

単機能タイプであれば小型ですが、一方向タイプ、双方向タイプは機能が増えるためサイズが大きくなります。ですが、子どものランドセルに入れる分には邪魔になりません。GPS端末には様々な種類があり、各家庭によって重視する機能も違いが出てくるでしょう。スマホは学校でも持ち込みを禁じている場合があります。

まだ小学校低学年であればスマホを持たせるのは早いと思うかもしれません。ですが、GPS端末を使うことで子どもの安全を見守ることができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です