子供用のGPSとは何か

そもそも子供用GPSとは何かを簡単に言うと、子供の居場所だけが分かる道具です。保護者のスマートフォンで位置情報を確認できるので、遠くから子供を見守ることができます。しかし、位置情報を知る方法は他に、キッズ携帯を持たせればよいのではという意見もあります。キッズ携帯にGPS機能があるからです。

それでも、子供用GPSが注目されている理由がいくつかあります。まず、携帯電話自体を持っていけない小学校がまだ多くあり、持ち込み禁止の生徒たちの登下校時の居場所を知りたいニーズが保護者にあるからです。携帯会社によっては、毎月の通信料とは別にオプション料金になっている場合もあります。また、低学年以下でも簡単に使えるようにボタン1つとシンプルなつくりになっています。

内容は「自動通知」と「手動通知」とふたつあり使い分けができます。「自動通知」とは、よく行く場所や道を設定しその場所に入るとメールなどで位置情報が入り、「手動通知」とは、子供がボタンを押した時だけ、GPS機能が発動し居場所が分かる仕組みです。例えば「自動通知」で学校・習い事などの場所を設定して時間通りの行動になっているかを知ることができ「手動通知」は、もうすぐ家に帰るという合図にしている家庭もあるので、どちらの設定が良いか、家族でしっかりと話し合うことが大切です。持ち始める時期は、小学校入学前が良いとされています。

小学校へ通学する場合や、習い事に行く場合は一人で行動をすることが増えるからです。その為、あらかじめ一緒に使い方を学び練習することで機械になれ、安心できるからです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です