人間の生活圏の中で生息する様々な害虫の中でも、特に多くの人が対策に悩むのがゴキブリです。ゴキブリは動きも早く、見た目もグロテスクな上に繁殖力や生命力も非常に高いので、ゴキブリ駆除に手を焼いてしまうという事も多くあります。ゴキブリ駆除を手っ取り早く行うのであれば、市販の殺虫剤を使用するのが手軽ですが、通常のスプレー式の物は、手軽な反面姿の見えないゴキブリには使用することができません。また、目の前に現れたとしても、いざスプレーをしようとした時には家具の隙間などに逃げこまれてしまうという事もあります。

そこで、こうした姿を隠しているゴキブリに有効なのが噴霧式の殺虫剤です。霧状の殺虫成分を部屋の隅々にまで行き渡らせることができるので、物陰に潜んでいるゴキブリにも有効です。使用するときには室内を閉めきる必要がありますし、使用中は部屋の中に入ることができません。また、食器や精密機器、食品や観葉植物などに殺虫成分がかからない様に対策をとる必要があります。

こうした噴霧式の殺虫剤を使用したゴキブリ駆除を行う際には、一度の使用では効果があまり現れない場合があります。ゴキブリが巣を作っていて、卵を生んでいると、卵には殺虫効果を得ることができません。そのため、一度殺虫剤を使用したら、卵が孵化する一週間か二週間後に再び殺虫剤を噴霧すると、孵化したゴキブリを駆除することができます。定期的に噴霧式の殺虫剤を使用することで、家にゴキブリが繁殖するのを効果的に防ぐことができます。