ゴキブリとは、熱帯を中心に生息する昆虫です。種類はさまざまなものがいますが、家に住みつく種類もおり不快害虫として嫌われています。ゴキブリは体内に共生する微生物によってタンパク質などのアミノ酸体窒素に乏しい食環境で生活でき、残飯や動植物の意外はもちろん、人間の垢や髪の毛、和紙や油なども食べてまいます。不衛生の代名詞のような扱いをされることも多く、サルモネラ菌などの病原体を伝播させたりもします。

このようなゴキブリを駆除するためには、さまざまな方法があります。大体のゴキブリは普段は隙間などに隠れているため効果的にゴキブリ駆除するためには、燻蒸タイプの殺虫剤が効果的となります。燻蒸タイプのものは卵には効果がないため、全滅させるためには卵が羽化するのを待ち2~3週間後にもう一度行なう必要があります。部屋に薬剤をまきたくないという場合には、ベイト剤が良いとされています。

餌として巣に持ち帰らせて毒を食べさせることで全滅させるタイプのゴキブリ駆除方法で、成分によってゴキブリの神経にダメージを与えて駆除することが出来、卵も死滅させることができます。予防するためにはペパーミントのハーブをおいたり、ホウ酸団子なども効果的です。ゴキブリ駆除は幅広い植生や環境への適応力と行ったゴキブリの特性から根絶するのは難しいとされます。しかし、殺虫方法を組み合わせることによって家の中のゴキブリは駆除することができるようになります。