家の中に使用済みの段ボールをまだ置いたままにいていませんか。ずっと置いたままにしておくとゴキブリの巣になっていることがあります。段ボールは暖かくエサになるのでゴキブリの巣になりやすいのです。ゴキブリが活動するのは夏だけではありません。

気温が下がっても建物の中は暖房されているので、ゴキブリは一年中活発に活動します。ゴキブリは繁殖力が強く、病原菌を媒介するので見つけた場合は、早めにゴキブリ駆除を行うことが重要です。ゴキブリ駆除剤として市販されているのは、スプレー、ハウス型の粘着タイプ、くん煙、毒エサが主なものです。ゴキブリのメスは卵をお腹に抱えたまま移動します。

卵の外側は固い殻になっているので、スプレー式やくん煙タイプのゴキブリ駆除剤ではゴキブリの幼虫は死にません。卵の中の幼虫を殺すには、毒エサが効果的です。毒エサはゴキブリの神経に障害を起こす効果があるので、母ゴキブリと卵の中の幼虫を同時に駆除することができます。ゴキブリの糞が落ちている場所は、ゴキブリの通り道になっているので毒エサを設置します。

キッチン、お風呂といった水回り、家具の隙間やテレビの配線がある場所もゴキブリが好む場所です。毒エサを置くときは各場所に同時に置くようにすると効果的です。植木鉢の受け皿の水を飲みにゴキブリが集まってくる場合もありますから、こまめにすてるようにしましょう。段ボールや雑誌はゴキブリの巣になりやすいので不要なものは処分する事も大切です。

放置した食べ物や飲み物はゴキブリを引き寄せますので片づけるようにしましょう。