新居でもゴキブリ駆除対策をしておくことが大事です。下見をした時点ではゴキブリの姿を見なかった場合でも、夜になると活動していることもあります。また一時的に誰も暮らしていなかった場所はゴキブリが増殖しやすいのです。理由は天敵がいないこと、人間がいなければ駆除される事は有りません。

また人間の暮らしていない家は雨戸も日中でも占められており暗く湿気も多いのでゴキブリにとっては暮らしやすい環境になります。ですので暮らす前にゴキブリ駆除をしておくといいでしょう。家具などを設置してからゴキブリ駆除をするより何もない状態でしたほうが薬剤なども隅々までいきわたりやすくなるので駆除しやすくなるのです。大体引越しから二日前くらいにしておくといいでしょう。

その時にはゴキブリの侵入経路も確かめておくことをおすすめします。大体はシンクの周囲のほうから侵入するのですが穴が開いてないかを確認してください。もしもあればすぐにふさいでおきましょう。こうすれば新しい家でゴキブリを見ずに済みます。

しかし前の家からゴキブリの卵を持ちだしてしまう可能性も否めません。ですので荷造りをした後に燻煙剤を焚いて段ボールに付着したゴキブリの卵を駆除するといいでしょう。ゴキブリが全くいなければ新たにゴキブリが増えることもありませんし快適な生活ができます。隣の家が不潔ですと侵入する可能性がありますが、そうならないように普段から自分の家はきっちりと掃除してください。

ねずみ駆除のことならこちら