日本に生息しているシロアリの中で、被害が多いのは、イエシロアリとヤマトシロアリです。前者は食害のスピードが早く、大きな被害を与えるので世界でも被害が確認されています。後者は日本のほとんどの地域に生息していて、湿った木材を好み、畳や本、ダンボールなどにも食害を与えます。湿った環境を好むため、雨漏りによって壁や床に水がしみていると木材に水分を含んでしまいますから、被害を招きやすい環境になります。

床下の喚起口が少なかったり、床下が低い住宅は、風の通りが悪いと空気の動きが少なくなるので、シロアリが住みやすい環境になってしまいます。シロアリの巣は、土中や壁中にありますから、被害に気付いたときにはすでに食害が進んでいたということが少なくありません。春から夏にかけて羽蟻をたくさん見かけたときや、床がフワフワ浮いたり、踏むとギシギシ軋む、水漏れがあったという場合は、要注意です。発生した場合は、駆除剤を使って駆除しましょう。

駆除剤は、ホームセンターなどで買えます。まずは発生場所を確認し、その周辺に雨漏りや水漏れがあれば修理を施します。駆除剤は即効性がありますから、液状のものは、床下の木部と、お風呂やトイレなどの水回りに重点的に散布します。粒状のものは、床下に撒きましょう。

被害によっては、土台に穴をあけて、柱内部にも駆除剤を注入します。蟻道が見つかった場合は、それに沿って穿孔し薬剤注入をすれは、効果が出るでしょう。床下はホコリが溜まっていますから、汚れてもいいような服で肌を出さないように長袖長スボンを茶経し、防護マスクやメガネ、頭巾、手袋を装着すると安心して駆除ができます。